一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

マイティウェーブ、オフィシャルサイトのホームページをリニューアルしました。

興味のある方はどうぞご覧下さい。

 

http://www.mightywave.com/

 

 

年明けからパソコンの調子が悪く、結局は新しく購入する羽目に。

パソコンは、電化製品としては最低の代物だ。

常に不具合と付き合わねばならぬ。

ネット時代は、利便性を謳歌するかもしれぬが、失うものも多いのだ。

スマホも同じ。

利便性が不便になっては何にもならない。

 

 

日本のマスコミは、就任式前に一喜一憂されている。

まだ何も始まっていない。

株価は踊らされ、為替は乱高下。

ツイッターのつぶやきに、ああでもないこでもないとコメンテーターに躍らせられる始末。

毎日朝から夜まで、我が意を得た問ばかりの論調を張る。

 

おまけに、世界一の自動車メーカーが、あろうことか自動車ショーで投資金額を明かす。

ビビったのだろうなぁ〜

手の内を明かすとは、起業家のやることか?

このお金がアメリカに消えていく。

我が国の魅力ワーストワンの愛知県は、「地元に落としてくれ」と腹の中では願っているだろうに。

国内投資はどれだけ出すの? と聞きたい。

金の鯱だけでは、観光客は集まらんぞ。

 

まだ何も見えていないのにこの有様。

マスコミは、余りにも偏りすぎだ。

世の中なるようにしかならぬ。

必要なのは「傾向と対策」だ。

だからテレビは飽きられる。

ただ単に民衆を煽っているだけにしか思えない。

それも不安を先行させ…

 

 

天孫皇統になりすましたユダヤ十支族

  新年早々ですが、今上陛下の生前退位の問題もあり、

  ここに天皇皇統のルーツを示す。

 

  『天皇皇統になりすましたユダヤ十支族』

   落合莞爾著  成甲書房 ¥1800

 

  従来から言われていた「天皇渡来人説」を真っ向から

  覆す書籍である。

  そして、敗戦後の「自虐史観」を暴き、その黒幕が暴かれる。

  その黒幕とは二人。

  天皇皇統の成り立ちが解る書籍である。

 

しかし、暗記物で鍛えた日本史を信じ込んでいる人には、少々荷が重い書籍でもある。

 

歴史好きの人にはご一読願いたい書籍でもある。

日本史を深く考察すればするほど、日本史の矛盾点が出てくる書籍でもある。

世界でも珍しいほど自国の歴史を知らない国民に問う書籍でもある。

選択科目の「日本史」。

こんな馬鹿な国はない。

是非ともお読みいただきたいものだ…


 

天皇生前退位と神国・日本の秘密

 

日本の歴史は、天皇史と結びついている。

これを正しく理解しないと、日本史の本質が見えてこない。

ご紹介する書籍は「天皇生前退位と神国・日本の秘密」である。

作者は、中丸薫女史。 出版社は、成甲書房。 価格は、¥1700。

 

中丸薫女史は、明治天皇の子供「堀川辰吉郎」の秘密でもある。

この人こそ巷間囁かれている「裏天皇」である。

中丸薫女史の父親は、堀川辰吉郎。

明治維新から今日隠された秘密が、ここに氷解する。

そして、「明治天皇」の出処。

 

日本史の問題点は、古代史と南北朝そして近現代史である。

特に戦後は、GHQによりあらぬ方向へ変えられたのである。

歴史の改竄と自虐史観。

まんまとアメリカの策謀に嵌ってしまった。

 

これ以外にも、北朝鮮の「金王朝3代」の成り立ち。

この書籍により、堂々と公言出来る事は実にありがたい限りである。

 

そして、アメリカ大統領候補であった「ヒラリー」の本質。

夫クリントンの策謀が明白となる。

 

まず、ほとんどの日本人が信じられない内容ばかりである。

是非ともご一読されたい。

 

なぜこのような書籍が出されるようになったのか?

去る10月27日の三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下の薨去と

大いに関係があると推測します。

これを契機に偽りの歴史が正されることを願うばかりです…

 

 

出来ない事 お題二題。

 

ロシアからの北方4島返還。

2島返還もまず無理。

ロシアは、ロマノフ王朝の時代から信用できない国の筆頭だ。

石油資源がなければ、経済破たんは目に見えている。

経済的に我が国が援助すれば、泥棒に追い銭の如くどぶに金を捨てるだけだ。

今回の訪日で成果は出ない。

2島返還など絵に描いた餅だ。

手のひら返しのこんこんちきと。

下手に怒らすと、プーチンだけに頭が「プチン」と切れるぞ。

その方がもっと大変だ。

温泉に入れて旨いものでも食べさせ気持ちよく帰ってもらったら…

 

 

野党の不信任提出。

野党さん、人数を考えろ。

負けの戦を何時までやる。

数の算数もできないのか?

それより自民党に対抗し国民が納得する政策案を出して見ろ。

何でも反対では元の社会党と変わらない。

時間の無駄位少しは分かれ。

野党党首のヒステリックな反論は聞きたくない。

出来ない事をできるようにする演出はもう御免だ…

 


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • あと少しで69回目の敗戦悔恨の日・・・
    桔梗や!
  • 暑い夏・・・
  • 暑い夏・・・
    桔梗や
  • 忘れられた司馬遼太郎の心・・・
    押川
  • 忘れられた司馬遼太郎の心・・・
    桔梗や
  • 長年の疑問が・・・
    桔梗や
  • ブログ炎上は命懸け
    押川
  • ブログ炎上は命懸け
    桔梗や
  • 久し振りのブログ
    桔梗や
  • 石原新党立ち上げ…
    桔梗や

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM